LifeStyle@RAG
音楽をもっと楽しむWebマガジン
menusearch
アウトドアで楽器を楽しむために気を付けたい4つのこと

アウトドアで楽器を楽しむために気を付けたい4つのこと

読者のみなさん、どうも。

Fujiyaです。

最近は、「キャンプブーム」と言われることもあってメディアでもキャンプ・アウトドアの話題が多かったりとアウトドアマンとしてはうれしい毎日です。

しかし、一部のマナーを知らない方々が自然を汚したり、キャンパー同士でトラブルになったりという問題が多発しております。

「自然の中で気持ち良く楽器を弾きたい・音楽を鳴らしたい」という人に向けて「気を付けたいこと」を書いていきたいと思います。

キャンプの楽しみ方の現状

キャンプキャンプが好きな芸能人がテレビで取り上げられ、楽器を弾いて歌って踊って楽しく宴会。

多くの方は「キャンプって楽しそうだなぁ」と思うことでしょう。

とてもありがたいことなのですが……。

キャンパーの間では「ありえない!」という声も多数挙がっています。

「自然の中で静かに過ごしたい人」と「皆で楽しく盛り上がりたい人」で火花を散らすこともあるのが現状です。

注意すべき4つのポイント

世間一般的には、キャンプ・アウトドアは自然の中で「静かに過ごすもの」ということで認識されている方が多いのかもしれません。

なので、「山で音楽なんぞ鳴らすのは、マナー違反だ」と言われる方も多くいます。

音楽を鳴らす・楽器を弾く側が悪いという偏った見方になりがちなんです。

しかし、その場所のルールとして決められていない限り、実際は音楽を鳴らすのも楽器を弾くのも「自由」なはず

どちらが悪いということは、本来であればないのです。

一方が気を配るのではなく、両者がお互いに気を配る必要があると僕は考えます。

プレイヤー側で気を付けること。

大きく分けると、やはりこの4つだと思います。

  • 時間帯を考える
  • 音量を考える
  • ルールの事前確認をする
  • コミュニケーションをとる

以下にそれぞれの解説をしていきたいと思います。

時間帯

当たり前のことですが、近くにほかのグループがいるのにもかかわらず真夜中に演奏したり、音楽を鳴らすのはNGです。

山のキャンプ場であれば、登山目的でキャンプをしている方もいます。

登山目的の方は、早朝出発されるので早めに就寝をされる方が多いです。

早い方では20時には就寝します。

ですので、そういった方たちへの配慮は忘れてはいけません。

楽器を演奏したり音楽を鳴らすのであれば、昼間の時間帯がベストだと思います。

夜は、できるだけ最小限にしてください。

おすすめの記事あわせて読みたい